ホーム > 事業内容 > 企業情報 > 2021年度 新入社員インタビュー
事業内容 / 企業情報

2021年度 新入社員インタビュー

現在就職活動をされている皆様に向けて、2021年入社の先輩社員たちに、フロンティアC&Pで働く魅力や仕事への想いを語っていただきました。
今後3回にわたり、先輩社員紹介をシリーズでお届けします。

フロンティアC&Pへの入社を希望した理由は何ですか?

 大学院では建築計画系の研究室に所属し、公共建築や学校建築における建築計画と利用者の行動の関係性、さらに運営との関係性についての研究を行っていました。この研究から、良い建築というのは、利用者が自由にかつ快適に利用できることはもちろん、計画段階から発注者である建築主がどのように利用者に使ってほしいか、また建築計画や運営方法が明確になっているものであるということを学びました。
 これまでの研究で培った知見を活かして、発注者と利用者の視点に立ってより良い建築を建てる計画に携わりたいと思い就職活動を進めていたところ、フロンティアC&Pに出会いました。フロンティアC&Pではコンストラクションマネジメント(CM)として発注者支援はもちろん、エンドユーザーへの支援も行っており、自分の知識と想いを活かしつつ、時代とともに変わる建築についての技術的なアドバイスを求める人たちの需要をリアルタイムに得ることができると思い、入社を決意しました。

現在の仕事内容を教えてください。 またどんなところに魅力を感じますか?

 現在は不動産ソリューショングループでエンジニアリングレポートの作成を担当しています。建物における遵法性確認のために現地へ行き、検査済証などの法的資料が揃っているかの確認をしています。学生時代は、法規の知識や図面の読み方の知識を図面や建築といった形でアウトプットしていましたが、今では報告書という顧客への責任が伴う成果物として形にしています。
 報告書の作成においては、専門用語をなるべく使用せずわかりやすい言葉で、かつ根拠をしっかりと明示することが求められます。自身の専門知識を平易な言葉に変換するのはとても難しいことですが、その分魅力を感じています。また、大学院で行ってきた論文などを読んで説明をする、というプロセスは実務でも活きていると感じています。

実際に入社してみて、フロンティアC&Pとはどんな会社だと感じていますか?

 入社直後から早速実務に携わりますが、年齢の近い先輩社員の方々を中心にフォローに入っていただいたので、わからないことなどを聞きやすい環境だと感じました。
 また、当社では在宅勤務を推進するためのパソコンなどのツールの提供やシステムの導入なども積極的に行っています。他にも、オフィスレイアウトをフリーアドレス型にするなど、働き方の改善をどんどん行っています。お客様に時代に合った最新の提案をするという会社の姿勢は、社内の働き方にも表れていると思います。


新卒採用・第二新卒採用 募集要項

関連トピックス