事業内容 / PM/CM (プロジェクトマネジメント/コンストラクションマネジメント)

水災時浸水リスク評価業務のご紹介

当社は長年の建築コンサル業務の中で培った幅広い知見を活かし、様々な視点から浸水時の被害可能性を評価する業務を行っており、ビルオーナー様の浸水被害対策を支援しています。

水災時浸水リスク評価業務は、大雨や高潮による洪水時などにおける対象建物の浸水リスクを評価する業務です。官公庁が公表しているハザードマップに記載される「最大浸水深」をもとに、建物浸水時に発生し得る被害を想定し、その復旧費用・復旧期間の算出、また建物利用者の安全度と居住者の生活影響度をランク別に評価し報告書にまとめています。

近年、水災は毎年のように発生しており、リスク管理における重要度も高まっています。当社ではこれからもお客様から求められるサービスを開発してまいります。

お問い合わせはこちらから

関連トピックス